外国ルーツの生徒に母語支援 日本語も上達、学力伸び進学へ

有料会員記事

[PR]

 外国にルーツのある子どもが高校に進学しても、中退するケースが多いことが課題となっている。日本語の力が不十分なためだ。日本語と母語の習熟をサポートし、学びを大学につないでいる高校もある。

 7月中旬、大阪府立長吉高校(大阪市平野区、生徒数578人)の教室で、張瀟云さん(18)ら中国にルーツのある3…

この記事は有料会員記事です。残り1525文字有料会員になると続きをお読みいただけます。