(声)平和のバトン 長崎原爆、リモートで語った

有料会員記事

[PR]

 主婦 井石昭子(長崎県 77)

 長崎原爆語り部を続けている。2015年から本格的に始めて、今年7月にも中学校で語った。

 1945年8月9日は1歳だったので記憶は全くなく、亡き両親に聞いた話と母が残した手記をもとに話している。当時、自宅は長崎市松山町爆心地から近い距離にあった。神のご加護か奇…

この記事は有料会員記事です。残り342文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る