折々のことば:2110 鷲田清一

有料会員記事

[PR]

 貧しい言葉で豊かな明日を語るくらい、人びとをシラケさせるものはない。

 (天野祐吉)

    ◇

 昨今の政治家や官僚はほとんどが書き言葉で語る。用意した原稿を読み上げて終わり。伝えたいという熱がこもらない。たまに芝居っけたっぷりに熱く語る例外があっても、「改革」や「安心」という語が呪文のようにま…

この記事は有料会員記事です。残り71文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る