持続化給付金、委託費669億円 経産省「不当な支出ない」

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍で打撃を受けた中小企業に最大200万円を支給した「持続化給付金」をめぐり、経済産業省は12日、税金の使い方が適切だったかどうかを確認する確定検査の最終報告書を公表した。審査などを担った民間事業者への委託費は計669億円で、不当な支出はなかったとしている。

 検査の対象は、一般社団法人サービ…

この記事は有料会員記事です。残り273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。