(扉)月面の水や鉱物に「所有権」 企業の利用認める新法成立、開発参入促す

有料会員記事

[PR]

 アポロ計画以来の有人月着陸をめざし、米航空宇宙局(NASA)や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが計画する月探査。こうした計画に参加した民間企業が、探査先の天体で水や鉱物といった資源を採取し、利用してもいいと認める法律が6月、日本で成立した。同様の法律を整備したのは米国などに続き世界で4カ国目…

この記事は有料会員記事です。残り1273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら