(取材考記)かこさんの憤り「柿の実のような死に方」 戦争のない美しい秋、守り続けねば 松本紗知

有料記事

[PR]

 「びっちゃり地面にたたきつけられた 柿の実のような死に方」

 絵本作家のかこさとしさん(1926~2018)が自身の戦争体験をもとに描いた絵本「秋」(7月刊行、講談社)には、そんな表現が出てくる。墜落する戦闘機から脱出したものの、落下傘が開かず、そのまま落ちていった飛行士の小さな体。主人公の「私」…

この記事は有料記事です。残り733文字有料会員になると続きをお読みいただけます。