開示文書、ほぼ黒塗り 収容女性死亡めぐり 名古屋入管

有料会員記事

[PR]

 スリランカ人のウィシュマ・サンダマリさん(当時33)が名古屋出入国在留管理局の施設で死亡した問題で、遺族側は17日に会見を開き、名古屋入管が開示した関連の行政文書1万5113枚のほとんどが黒塗り状態だったと明かした。「入管はすべてブラックボックスに入れ、何も情報を出さない。まったく反省していない」…

この記事は有料会員記事です。残り388文字有料会員になると続きをお読みいただけます。