香港の自由へ、希望を書く 岩井圭也さん新刊「水よ踊れ」

有料会員記事

[PR]

 岩井圭也さんの新刊『水よ踊れ』(新潮社)は、激動の香港にもまれ、自由を求めてあがく青年を描いた小説だ。

 主人公の瀬戸和志は香港の学校に通っていた10代の頃、スラムに住む少女、梨欣(レイヤン)がビルの屋上から落ちて死ぬのを目のあたりにした。一度は帰国したものの、その謎を追うため、3年後、中国返還…

この記事は有料会員記事です。残り762文字有料会員になると続きをお読みいただけます。