太陽光パネルのサブスク、東電が本腰 初期費用ゼロ、年度内開始

有料会員記事

[PR]

 電気やガスの小売りを手がける東京電力エナジーパートナー(EP)は、戸建て住宅に太陽光パネルや蓄電池などを定額課金(サブスクリプション)方式で提供する事業を今年度中に始める。高額な初期費用をゼロにすることで、新たな顧客の獲得をめざす。

 同社の秋本展秀社長が、朝日新聞のインタビューで明らかにした。設…

この記事は有料会員記事です。残り322文字有料会員になると続きをお読みいただけます。