(ひと)植田陽子さん 学校看護師の「豊中方式」を全国に広げる

有料会員記事

[PR]

 「学校で働く看護師が辞めないようにしてほしい」。そう上司から言われたのが20年前。大阪府豊中市立病院の看護師から畑違いの教育委員会に異動になった時だ。

 豊中市では、人工呼吸器などの医療的ケアが必要な子どもを地域の小中学校で受け入れ、学校に看護師が配置されている。だが、その離職率が高かった。

 「…

この記事は有料会員記事です。残り424文字有料会員になると続きをお読みいただけます。