(考論 長谷部×杉田+加藤陽子)コロナ対応・五輪強行、大戦時と重なる政府

有料会員記事

[PR]

 「コロナ敗戦」「インパール2020」――新型コロナウイルス感染拡大への政府の対応や東京オリンピック開催に至るまでの曲折は、先の大戦になぞらえられることも少なくない。戦後76年の夏、長谷部恭男・早稲田大教授(憲法)、杉田敦・法政大教授(政治理論)、そして日本近現代史研究で知られる加藤陽子・東京大教授…

この記事は有料会員記事です。残り2322文字有料会員になると続きをお読みいただけます。