(記者解説)部落問題、司法の判断は ネット掲載、差別助長か学問の自由か 編集委員・北野隆一

有料会員記事

[PR]

 ・被差別部落地名リストの削除や復刻出版禁止を求める訴訟の判決が9月に控えている

 ・原告は「身元調査で差別助長」と主張。被告は「学問の自由を侵害する」と反論

 ・ネット社会の進展がもたらした新たな問題への対応が問われる局面になっている

     ◇

 部落解放同盟と同盟員ら248人が川崎市の出版社…

この記事は有料会員記事です。残り2229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。