「国軍を擁護しているわけではない」 渡辺秀央氏、一問一答

有料会員記事

[PR]

 クーデターで権力を握ったミャンマー国軍と日本政府の「独自のパイプ」である日本ミャンマー協会の渡辺秀央会長。その言動は国軍の立場に寄り添うものだ。取材した記者や識者が、その背景を考えた。▼1面参照

 ――ミンアウンフライン最高司令官がクーデターを起こした。

 「クーデターではない。クーデターとは憲…

この記事は有料会員記事です。残り1618文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら