(社説)東京パラ大会 安全対策に万全期して

[PR]

 東京パラリンピックはきょう開会式を迎える。

 コロナの感染爆発で東京の医療提供体制は深刻な機能不全に陥り、専門家が「自分の身は自分で守って」と呼びかける状況にある。そこに世界各地から選手を招き、万単位の人を動員して巨大な祭典を開くことに、疑問と不安を禁じ得ない。

 一方で、五輪を強行しながらパラを見送れば、大会が掲げる共生社会の理念を否定するようで正義にもとる。そんな思いも交錯して、五輪が終わった後、議論を十分深める機会のないまま今日に至ったというのが、率直なところではないか。

 挙行する以上は、来訪者と市民の健康を守り抜くのが政治・行政の務めだ。五輪開催で世の中の空気を緩めた轍(てつ)を踏むことのないよう、メッセージの発信や付随するイベントにも細心の注意を払わねばならない。

 パラ選手には、肺や心臓などに基礎疾患や重い障害を抱える人がいて、コロナに感染すれば健常者よりも重篤な症状を招く危険性が高い。体温調整が難しい障害もあり、熱中症への警戒も怠ることはできない。

 感染防止と酷暑対策が成否を左右する。そのためにも五輪時の対応の検証と不備の是正が不可欠なのに、大会組織委員会は想定の範囲内だったというだけで、十分な情報を開示しない。内向き姿勢は相変わらずだ。

 関係者らに行動規範に反する行為があっても、一部を除いてうやむやな処理で済ませたことも不信を呼んだ。パラも同様では国民の理解は得られまい。

 気がかりなのは、一般客を入れない決定をする一方で、学校単位で小中高生に観戦させようと、政府や都が前のめりになっていることだ。選手の躍動に直接触れる意義は否定しない。だが子どもの感染も増えている。専門家の意見を聞き、自治体・学校が責任をもって慎重に検討するのはもちろん、本人や保護者の意向を十分尊重し、くれぐれも強制にわたることのないよう留意する必要がある。

 先日、スポーツクラブとの癒着疑惑で政府の五輪・パラ推進本部の幹部が辞任した。だが政府から詳しい説明は一切ない。

 大会の意義をおとしめる、こうした混迷やごまかしと対極にあるのが、選手たちの輝きだ。大会では障害の程度に応じて多様な競技が展開される。一人ひとりが向き合っているハンデやその前に立ちはだかる壁を、自らに重ね合わせてプレーを見れば、人間のもつ可能性に驚き、励まされることだろう。

 純粋なスポーツとしてパラに関心を寄せ、楽しむ人も広がっている。選手たちの安全と健闘を心から祈る。

連載社説

この連載の一覧を見る