水素製鉄に1935億円

有料会員記事

[PR]

 脱炭素社会に向けた技術開発を後押しする政府の2兆円基金について、経済産業省は24日、二酸化炭素(CO2)を排出しない水素を使った製鉄法の実用化に向け、10年間で最大1935億円を配分すると発表した。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、研究開発を手がける事業者を公募する。鉄鋼業界で…

この記事は有料会員記事です。残り154文字有料会員になると続きをお読みいただけます。