(評・音楽)新国立劇場「スーパーエンジェル」 社会的包摂歌う未完の野心作

有料会員記事

[PR]

 渋谷慶一郎の新作「スーパーエンジェル」は、「子どもたちとアンドロイドが創る新しいオペラ」と角書きが付く(22日、新国立劇場)。

 1961年生まれの島田雅彦の台本は、松本零士の70年代の漫画『銀河鉄道999』と似る。『999』では、愛に満ちた星野鉄郎なる異端児が、辺境を旅した末、血も涙もない機械帝…

この記事は有料会員記事です。残り553文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら