(インタビュー)「平凡な校長」の直訴 大阪市立木川南小校長・久保敬さん

有料会員記事

[PR]

 今年5月、「公教育はどうあるべきか真剣に考える時が来ている」という文章から始まる、ある提言がSNSで全国に広がった。書いたのは、大阪市立木川南小学校の久保敬校長。今月、市教育委員会から文書訓告を受けた。教員生活37年のベテランがなぜ、なにに怒ったのか。それは「勇気がなかった自分への怒り」だったとい…

この記事は有料会員記事です。残り3537文字有料会員になると続きをお読みいただけます。