臨時国会「来月7日召集を」 野党、総裁選前の解散余地残す狙い

有料会員記事

[PR]

 立憲民主党安住淳国会対策委員長は26日、国会内で自民党森山裕国対委員長と会談し、予備費を積み増す補正予算を通すための臨時国会を9月7~16日に開くよう求めた。菅義偉首相自民党総裁選の告示前の衆院解散をする選択肢を与える提案だ。森山氏は政府・与党で検討し、来週前半に回答する考えを示している。

この記事は有料会員記事です。残り840文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら