新幹線ワーク、気兼ねなく 10月に専用車両、WiFi容量2倍に 東海道・山陽

有料会員記事

[PR]

 JR東海JR西日本は26日、東海道・山陽新幹線を利用するビジネス客向けにテレワークをしやすい車両を導入すると発表した。新型コロナウイルスの影響で乗客数が激減するなか、主要な顧客層であるビジネス客をつなぎとめる狙いがある。

 10月から新型車両「N700S」の7号車と8号車で、通常より通信容量を2…

この記事は有料会員記事です。残り631文字有料会員になると続きをお読みいただけます。