米軍、PFOS含む水放出 普天間飛行場から 日米で協議中

有料会員記事

[PR]

 沖縄の米海兵隊は26日、発がん性が疑われる有機フッ素化合物のPFOS(ピーフォス)を含む水を、普天間飛行場沖縄県宜野湾市)から下水道へ放出したと発表した。米側から放出計画の打診があり、日米間で対応を協議している最中だった。外務省防衛省、県は「米軍の対応は一方的」などとして強く抗議し、中止を求め…

この記事は有料会員記事です。残り341文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら