映画界の労働環境改善へ、団体設立 大作の実写邦画、女性監督は3.1%

有料会員記事

[PR]

 日本の映画業界における労働環境などの課題解決を図ろうと、調査と提言を行う非営利団体「Japanese Film Project」がこのほど設立された。労働環境などの調査を続け、提言やシンポジウムなども行う予定という。

 発起人で映像作家・アーティストの歌川達人さんは、現場での経験から映画業界の労働…

この記事は有料会員記事です。残り230文字有料会員になると続きをお読みいただけます。