米、ISに報復攻撃 無人機で「標的殺害」 アフガン

有料会員記事

[PR]

 米軍は27日、アフガニスタン東部ナンガルハル州で過激派組織「イスラム国」(IS)の支部メンバーを無人機ドローン)で空爆し、殺害したと明らかにした。カブールの国際空港付近での爆破テロをめぐり、バイデン米大統領が報復を宣言していた。報復攻撃は今後も続く可能性がある。▼2面=退避願っても、7面=専門家…

この記事は有料会員記事です。残り589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら