20年代、避難指示解除へ 政府、帰還困難8000人地域の希望者対象

有料会員記事

[PR]

 政府の復興推進会議と原子力災害対策本部は31日、合同会合を開いた。東京電力福島第一原発事故の帰還困難区域(約2万2千人)のうち国が復興計画を示していなかった約8千人の地域について、希望者を対象に2020年代に避難指示を解除する方針を決めた。政府はこれまで解除のめどを明らかにしておらず、地元が早く示…

この記事は有料会員記事です。残り1014文字有料会員になると続きをお読みいただけます。