飛べない人、飛ばなくていい世界へ ――パラ開会式に思う 玉木幸則さん

有料会員記事

[PR]

 8月24日に開幕した東京パラリンピック。開会式では、車いすの少女が演じる「片翼の小さな飛行機」が空へ飛び立つ過程を表現した。脳性まひの当事者であり、バリアフリーのバラエティー番組を掲げるNHK・Eテレの「バリバラ」に出演する社会福祉士の玉木幸則さん(53)は演出を評価する一方、「飛ばなくてもいい生…

この記事は有料会員記事です。残り1333文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら