(インタビュー)向かい風の自民党 選挙・政治アドバイザー、久米晃さん

有料会員記事

[PR]

 ■選挙を考える

 菅義偉首相が退陣を表明し、自民党の議員らは衆院選をにらみながら、次の「党の顔」選びに動き始めた。だが、新型コロナ禍の出口は見えず、国民の強い不満が解消されたわけではない。自民党前事務局長で、約40年にわたって選挙対策を担い続けてきた久米晃さんは、古巣の現状に厳しい目を向ける。

この記事は有料会員記事です。残り3499文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら