立憲「ゼロコロナ」見直し論 名称「誤解招く」、封印の方向

有料会員記事

[PR]

 立憲民主党新型コロナウイルス対策として打ち出した「ゼロコロナ」の見直しを迫られている。菅政権の感染対策と経済を両立させる「ウィズコロナ」への対抗軸にしていたが、名称が誤解を招くとの指摘があって封印する方向だ。菅義偉首相が退陣することもあり、自民党の「次の首相」が出す政策との差別化も課題となってい…

この記事は有料会員記事です。残り887文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら