(多事奏論)観客の選択 「頑張っているのに失礼」なのか 田玉恵美

会員記事

[PR]

 満足いかない記事を出して悔やんでいたとき、能天気な同僚に「でもまあ、よく頑張ったんじゃない?」と言われたことがある。子どもだましの気休めに感じ、気分はさらに沈んだ。私が頑張ったかどうかなんて、読者には関係ないじゃないか。

 そんなこともあって「頑張る」という言葉には少し身構えてしまうのだが、今夏は…

この記事は会員記事です。残り1402文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。