宿泊療養も現場逼迫 「1日47人診療」増える若い患者 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの「第5波」で、入院できない患者の受け皿となっているのが宿泊療養施設だ。大阪府の入所者は約3500人で、感染者が全国最多の東京都より約1600人多い。「第4波」で医療危機に陥った反省から整備を進めてきたことが背景にあるが、医療従事者の確保が大阪と東京の共通課題となっている。

 …

この記事は有料会員記事です。残り1248文字有料会員になると続きをお読みいただけます。