(インタビュー)リベラル派が陥る独善 政治学者・岡田憲治さん

有料会員記事

[PR]

 ■選挙を考える

 内閣支持率が低下しても、野党第1党の支持率は1桁台のまま。迫る衆院選で、リベラル勢力は政権批判の受け皿になれるのか。野党は支持者ともども潔癖主義に陥っている――。リベラル派の立場から、リベラル勢力をそう批判してきた政治学者の岡田憲治さんは「友を失っても仲間を増やせ」と訴える。ど…

この記事は有料会員記事です。残り3654文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら