宣言下の行動制限、緩和 11月ごろ、接種・陰性証明を活用 政府きょう決定

有料会員記事

[PR]

 政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種が行き渡る11月ごろをめどに、緊急事態宣言や「まん延防止等重点措置」が出ている地域でも行動制限を緩和する案をまとめた。ワクチンの2回接種の証明書や検査による陰性証明の活用を想定し、飲食店での酒類提供を認め、イベントの人数制限も緩和する。9日の政府の対策本部で…

この記事は有料会員記事です。残り727文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら