性交罪の要件拡大議論 法相、法制審に諮問へ

有料会員記事

[PR]

 性犯罪を適切に処罰できるようにするため、上川陽子法相は10日、刑法や刑事訴訟法の規定のあり方について16日の法制審議会総会で諮問する考えを明らかにした。性交罪が成立する要件の拡大や公訴時効の延長を議論してもらい、答申をもとに、法務省は早期の法改正を目指す。

 諮問するのはほかに、性行為が一律に処罰…

この記事は有料会員記事です。残り371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。