復興施設、重い維持費 ホールやアリーナ、毎年11億円

有料会員記事

[PR]

 東日本大震災の後、被災した3県では復興の名のもとに様々な公共施設や橋、道路などが造られた。だが巨額の復興予算が投じられた一方で、必要性を疑問視されたものも少なくない。▼1面参照

 岩手県陸前高田市の体育施設「夢アリーナたかた」。東日本大震災の津波で全壊した市民体育館とプールを統合し、2018年4…

この記事は有料会員記事です。残り1143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。