(取材考記)受給した男性「人生の研修期間」、差別へ怒り 生活保護、気兼ねはいらないはずだ 田島知樹

有料会員記事

[PR]

 8月中旬の早朝、スマートフォンが鳴った。国際番号が画面に表れていた。出るといきなり「ニュース見た?」。独・ライプチヒからかけてきた高野昭夫さん(60)の声は震えていた。

 すぐに悟った。この数日前、「メンタリスト」のDaiGo氏がYouTubeで「生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら猫を救…

この記事は有料会員記事です。残り738文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら