(2人孤独死:上)80代父母、2人とも倒れたのか 浴槽に沈む父、母は電話を前に

有料会員記事

[PR]

 真冬の木曜日だった。大阪府守口市の実家の周囲には、黄色い規制線が張られている。男性(49)は、それをくぐって玄関へ。そこで対面したのは、横向きで倒れたまま動かない母(当時83)の姿だった。

 傍らの小たんすにある電話機のコードはぶらんと伸び、受話器は床に。そばには書類が散乱していた。中には男性の携…

この記事は有料会員記事です。残り1685文字有料会員になると続きをお読みいただけます。