低アルコール、需要ある 飲みたい、でも飲み過ぎたくない

有料会員記事

[PR]

 翌朝に響くのは避けたい、でもノンアルコールでは物足りない――。そんなニーズを目がけて、飲料各社がアルコール度数が低めの「お酒」を次々に投入している。新型コロナ下で巣ごもりや家飲みが増えるなか、健康志向も高まっているとみて、飲み方の選択肢を増やして需要を掘り起こそうと狙う。

 アサヒビールは、アル…

この記事は有料会員記事です。残り991文字有料会員になると続きをお読みいただけます。