核燃サイクル、総裁選争点化も 河野氏の「見直し」発言、自民推進派反発

有料会員記事

[PR]

 自民党総裁選に立候補する河野太郎行政改革相の原発政策に、党内の原発推進派が警戒感を強めている。「脱原発派」で知られる河野氏は再稼働は容認したが、使用済み核燃料再利用する「核燃料サイクル政策」は見直すと明言しているためだ。使用済み燃料が行き場を失えば、原発が動かせなくなる可能性もあるだけに、総裁選…

この記事は有料会員記事です。残り1095文字有料会員になると続きをお読みいただけます。