「コロナと共存」重症化防止に力点 シンガポール、2回接種8割でも新規感染者急増

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種率が人口の8割と世界最高水準にあるシンガポールで、新規感染者が急増している。大半が接種の完了後でも感染する「ブレークスルー感染」だという。ただ、接種後なら重症化率は1%程度にとどまっている。企業に週1回の定期検査を求めるといった新たな対策により、感染状況の悪化を抑え…

この記事は有料会員記事です。残り811文字有料会員になると続きをお読みいただけます。