(取材考記)労使交えた専門委、過去最高の引き上げ見解 最低賃金、紙一枚分で示す「冷たさ」 沢路毅彦

有料会員記事

[PR]

 ずいぶんと冷たいメッセージだな――。7月中旬、最低賃金(最賃)の引き上げ額の目安を示す専門委員会の報告を読んで、昨年と同じ気持ちになった。ただし、対象は違う。昨年は労働者にとって。今年は使用者にとって。

 最賃は使用者が労働者に最低でも払わなければいけない時給だ。下回れば罰則がある。その引き上げ額…

この記事は有料会員記事です。残り709文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら