元看護助手の無罪、滋賀県が判決否定 「心肺停止状態にさせたのは原告」

有料会員記事

[PR]

 滋賀県の湖東記念病院で2003年に死亡した男性患者への殺人罪で服役後、再審無罪が確定した元看護助手の西山美香さん(41)が国と県に計約4300万円の国家賠償を求めた訴訟で、県が無罪判決を否定する内容の主張をしていることが分かった。16日に大津地裁であった非公開の手続き後、原告側が会見で明らかにした…

この記事は有料会員記事です。残り993文字有料会員になると続きをお読みいただけます。