(縦横無尽)若い教員に伝えたい 私の指導は間違っていた、と 中小路徹

有料会員記事

[PR]

 「若い時は、ストレスをぶつけるだけの情けない人間でした」

 そう話すのは、関東の公立中バレーボール部で部活動指導員を務める60代の男性だ。中学教員を定年後、学校外の指導者として任用されている。

 かつてはバレー部の顧問として指導に燃えた。「勝ちたい、勝たせたい。自分がバレーで成長できたこともあって…

この記事は有料会員記事です。残り791文字有料会員になると続きをお読みいただけます。