野党「なぜ国会開かぬ」 主張重なり危機感も 総裁選巡り

有料会員記事

[PR]

 緊急事態宣言が続くなか自民党総裁選が告示されたことを受け、新型コロナウイルス対策の国会審議を求めていた野党側は「なぜ臨時国会を開かないのか」などと批判した。総裁候補が次々と政策を打ち出しており、野党側に「埋没する」との危機感も広がっている。

 立憲民主党枝野幸男代表は17日、「国会議員の仕事は国…

この記事は有料会員記事です。残り344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら