(社説余滴)流言の悲劇を悼む公園で 田井良洋

有料会員記事

[PR]

 98年前の許されざる死。小さな黒い石碑に刻まれた「追悼」の文字を見つめ、静かに手を合わせた。

 9月1日、東京・両国の都立横網町公園。関東大震災の混乱のさなか、「暴動」「襲来」といったデマが流れ、軍民に殺された数千ともいわれる在日朝鮮人を悼む場を訪ねた。

 公園内には緑色のバリケードが張り巡らされ…

この記事は有料会員記事です。残り744文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載社説余滴

この連載の一覧を見る