(大志 藤井聡太のいる時代)試練編:3 長考合戦、谷川九段と「新旧天才の激闘」

有料会員記事

[PR]

 「名人への道のりは険しい」。21歳2カ月という最年少名人の記録を持つ谷川浩司(59)は、2021年5月に出版した「藤井聡太論 将棋の未来」で、こう記した。名人獲得5期で永世名人の資格も持ち、名人戦と縁深い谷川の言葉は重い。

 名人戦の予選にあたる順位戦には下からC級2組▽C級1組▽B級2組▽B級1…

この記事は有料会員記事です。残り602文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る