米軍、カブール誤爆認める 犠牲10人、ISと無関係 白い車、テロ誤認

有料会員記事

[PR]

 米中央軍は17日、アフガニスタンの首都カブールで8月29日に実施した無人機ドローン)による空爆が、民間人への誤爆だったとして謝罪した。米軍の対テロ戦争での誤爆は繰り返し指摘されてきたが、米軍撤退が注目を集めるなかでの失態は、ずさんな情報をもとにした攻撃の内実を浮き彫りにした。▼2面=無人機頼り

この記事は有料会員記事です。残り861文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら