国内処分、立たぬ見通し 廃炉原発以外も対象方針 放射性廃棄物

有料会員記事

[PR]

 経済産業省が検討している規制緩和は、放射性廃棄物の処分を海外に委ねる道を開く。経産省は例外的なものだと強調するが、原発で生まれる廃棄物をどう処分するかは原子力政策の根幹に関わるだけに、今後の動きが注目されている。▼1面参照

 「放射性廃棄物の国内処分を基本としつつ、円滑に廃炉を進めるための必要な見…

この記事は有料会員記事です。残り1352文字有料会員になると続きをお読みいただけます。