放射性廃棄物、海外委託も 国内処分の方針、転換 低レベルの原発主要機器 経産省

有料会員記事

[PR]

 原発の放射性廃棄物は国内ですべて処分するという原則に関わる規制が、変わろうとしている。廃炉が相次ぐなか、低レベル廃棄物である一部の大型機器について、処分を海外業者に委託できるように輸出規制を緩和する。新たなエネルギー基本計画の改定案に方針が盛り込まれた。経済産業省が見直し案を検討するが、実施に向け…

この記事は有料会員記事です。残り999文字有料会員になると続きをお読みいただけます。