都市とともに、今も生きる丹下建築 国立代々木競技場や香川県庁舎東館、国際的な顕彰続く

有料会員記事

[PR]

 代表作の国立代々木競技場(1964年、東京都渋谷区)が国の重要文化財になった、建築家・丹下健三(1913~2005)。戦後建築のチャンピオンが手がけた、同競技場以外の作品にも、国際的な顕彰などが続く。背景に、近代主義建築の評価を巡る世界的な動きがあるといえる。

ここから続き

 渋谷の高層ビル群と明治神宮の森の…

この記事は有料会員記事です。残り1351文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら