HPVワクチン接種者、増加傾向 有効性・安全性の周知が後押し

有料会員記事

[PR]

 子宮頸(けい)がんの原因になるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐワクチンについて、厚生労働省は昨年、有効性や安全性の情報を、接種対象者に伝えるよう自治体に求めた。同省は積極的に勧めることをやめているが、接種する人は増加に転じている。(後藤一也)

 子宮頸がんは子宮の入り口部分にできる…

この記事は有料会員記事です。残り2361文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら