(#論壇)弱者男性論、思考停止の危うさ

有料会員記事

[PR]

 8月、小田急線の車内で複数の乗客が切りつけられる事件が起きた。女性を狙った「フェミサイド」との関連を指摘する声があがる一方、その見方を否定する意見も目についた。貧困や社会問題を追うライターの吉川ばんびさんは、「男だって生きづらい」という訴えが女性への人権侵害をかき消してしまうことに警鐘を鳴らす。

この記事は有料会員記事です。残り1559文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載#論壇

この連載の一覧を見る