(語る 人生の贈りもの)片岡義男:3 学校よりも、自然の中で鶏の世話

有料会員記事

[PR]

 ■作家・片岡義男

 《太平洋戦争の末期、疎開で祖父の出身地だった山口の岩国へ。そこで小学校に上がります》

 小学校にはあまり行きませんでしたね。月5日くらい。入学式には行ったんですよ。ぎゅうぎゅうに詰めたランドセルを背負い、両手に重い荷物を持って。校庭に入ったとたん、いかめしい木造の暗い感じの校…

この記事は有料会員記事です。残り648文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る